第04回 薩摩川内ボードゲーム倶楽部 定例会

第4回定例会のご報告です。今回の参加者は・・・
のらきち、しもんそさん、布団さん、ともさん、コウジさん、Kさん(初参加)、ハヤトさん(初参加しかも初対面)。
7人!前回までずっと3人だったのに7人です。えぇ。感無量であります。

のらきち「ともさん午後から参加だって。ハヤトくんは今向かってるらしいです。」
ってことで、5人で遊んだのは「横暴編集長」。
IMG_20160211_100055.jpg
上・下に分断された小説や映画や絵本やアニメのタイトルを組み合わせて斬新なタイトルを作成してなんか面白そうなタイトルにしようみたいなやつです。ゲーム途中で到着したハヤトくんも加えて(よかったのか?ボードゲーム会デビューのゲームがコレで)・・・・


IMG_20160211_103517.jpg
最終選考に残った7作品。最優秀作品は「デカブルー」!おめでとうございま~す!

って、デカブルーってまんまアレやんけ


2-6.jpg
↑そのアレ(@デカレンジャー)

奇跡の引きを見せたKくんに完敗。

次!男ばっかりだしアレやりますか!ってことで・・・

IMG_20160211_103900.jpg
↑そのアレ(キングオブトーキョー)。ダイス転がして殴り合ったり回復したり特殊能力カード買ったりしつつ、勝利点稼ぐか他プレイヤーのモンスター全滅させて生き残れば勝利なゲーム。

DSC_0006.jpg
のらきち「あ・・・」(クラーケンすまん。特殊能力カードすら使わないうちに死なせてすまん・・・

次!
しもんそ「はんか通やりましょか」

IMG_20160211_112730.jpg
「はんか通骨董市」プレイヤーは江戸の商人となり、ズラリと並べられた骨董品の数々を2分割&入札して入手していきます。甲・乙の入札では出したカードが被りまくると残念賞の反物しかもらえません。しかも同じ骨董品を集めすぎると価値は暴落どころかマイナスになってしまう・・・みたいなカードゲームです。結果は私とコウジさんがいつものごとく奇跡的なバッティング(カブり)を見せるなか、ダントツでKさん勝利

途中で昼ご飯休憩を挟んだ「はんか通~」にカタがついたところで、ともさん到着。

こうじさん・ともさん・ハヤトさんはお互い初対面だったので7人全員で遊べるゲームを。おっと、まずはともさんに昨年からルール説明&プレイをお預け状態にさせてた「犯人は踊る」やりましょう!

写真!!撮ってねぇ~・・・

han_nin_ha_odoru_v4-display-w1070.jpg
↑イメージ写真。各プレイヤーに4枚ずつカードが配られます。たった1枚の犯人カードが全員の手札から手札へと巡っていく中、所在を推理して最後の持ち主を当てるカードゲームです。今回は犯人が勝利すれば一緒に勝利という「たくらみ」が大活躍。3回ほど遊んで、ともさんに面白さが伝わった(であろう)ところで終了。

のらきち「もうひとつくらい全員であそべるやつ・・・」
しもんそ「クク21やりましょう」(うん。相変わらず的確なご判断です。しもんそさん

IMG_20160211_135006.jpg
1から21までの番号が書かれた、大きくて綺麗なイラストカードが、各自にたった1枚ずつランダムに配られます。あとでせーの!で見せあったとき、全員の中でいちばん小さい番号カードを持っている人がアウトとなり、チップを支払わされたり、脱落させられたりします。このため、各自、1回だけめぐってくる交換チャンスを活かして、自分のカード番号が「小さそう」と思ったら、「交換してください!」と次の人と強制交換をしていきます。・・・が、カードの中には交換をお断りされる効果や交換を申し込んだ途端にアウトとなるカードも。駆け引きが熱いカードゲームです。結果はハヤトさんがダントツに稼ぎまくって勝利。カードの引きも見事でした。

2つのゲームで初対面なメンバーもすっかり打ち解けた(これがボードゲームの素晴らしさ)ところで、3人卓(のらきち・コウジさん・布団さん)と4人卓(しもんそさん・Kさん・ともさん・ハヤトさん)にテーブルを分かれて

IMG_20160211_154920.jpg
しもんそ卓では、はいご存知「デッド・オブ・ウインター」。ゾンビわらわらな状況の中、探索でアイテム確保しつつゾンビ退治しつつ砦守って密命果たせば勝ち!な協力ゲーム。今回も残念ながら敗北となった模様。そう簡単にはハッピーエンドを迎えられないけど、だからこそリプレイ欲をくすぐられるゲームですね。

一方、のらきち卓では・・・

IMG_20160211_151907.jpg
「13諸島の秘宝」↑コウジさんご尊顔パイロットマスクで目隠し、こっくりさんよろしく一本指で自分のコマをボードに設けられた溝や穴に落とさぬように島々を巡りつつ、秘宝の眠る島を示すタイルを集め、いち早くその島へ辿り着いたプレイヤーが「13諸島の秘宝の謎が解けた!」と高らかに勝ち名乗りを上げて勝利なゲーム。

結果は・・・

IMG_20160211_154757.jpg
のらきち「13諸島の秘宝の謎が解けたぁぁっ!!」※注:まもなく44歳


お隣ではデッド・オブ・ウインターが終わっていなかったので、持ち主のらきちも初プレイな「えげつな7(セブン)」をプレイ。

IMG_20160211_160116.jpg
プレイヤーは均等配分されたカードを各自裏向きの山として持ち、順番に上から表向きに1枚ずつ出しては描かれたギャングをカウント(1、2,3,4,5,6,7,6,5,4,3,2,1,2,3・・・)していくだけなのですが、中には銃を突きつけられて黙り込むギャング(黙って出す)や電話中のギャング(数字の代わりに1回、二人なら2回咳払いをする)が混じっており、しかもその間もカウントは進んでいくという、そのタイトルどおりなかなかえげつないゲームです。
のらきち「4!」
コウジ(ややオッサン)5!・・・5じゃねぇ」(※電話中ギャング)
のらきち(オッサン最終形態)6!あ俺の番じゃねぇ」(前のプレイヤーが2人ギャングを出したら次のプレイヤーは飛ばされる)
コウジ(ややオッサン)5!・・・5じゃねへぇぇぇ」(※電話中ギャング再び)
と、オッサン2人が絶叫するなか、布団さんが圧倒的な若者力を発揮して勝利。若いっていいですね


終了時間ものこり僅か。最後は7人全員で遊んで締めくくり!
のらきち「ミステリウムは7人までやれますが誰か幽霊やります?」
コウジ「どちらかと言えば幽霊やりたいほうです」

IMG_20160211_171833.jpg

「ミステリウム」百年前に殺人の冤罪を着せられたあげくに無念の死を遂げた幽霊(コウジさん)の棲む館を舞台に、他のプレイヤーは霊能力者となり、幽霊が見せる幻想的な「夢」を頼りに真犯人・殺人現場・使用された凶器の3つに辿り着けば全員で勝利!辿り着けなければ全員で仲良く敗北!な協力ゲームです。

結果は残念ながらコウジ幽霊の無念を晴らすこと叶わずGAME OVERでしたが、ゲーム開始時には「ようこそ我が館へ・・・この館には無念の思いを抱いた幽霊が、その無念を抱えたまま、いまだに彷徨っておりますぅ・・・本日お集まりいただいた霊能力者の皆様にはこの幽霊の無念を晴らしていただき~」と厳かな語りを見せていたコウジさん(ちなみに私は彼のこのように本気な雰囲気作りが大好きですが、終盤は切羽詰まって「とも殿にはこの夢で是非とも場所を当てていただきたいでおじゃるぅ~」と、キャラが完全崩壊してしまっていたのが可笑しくてしょうがありませんでした。次こそコウジ幽霊(またやらせる気満々w)の無念を晴らしてやりましょう!

と、今回は初めての2卓、新メンバーも加わっての定例会でした。次回の定例会は3月!その前に「とりまイスタンブールやってそのあとに何かやる会」を2月21日に開催予定です。これまで絶賛部員募集中でしたが、ほど良い人数となってきましたので、そろそろ募集を控えようかな~と思う今日この頃です。迷ってる方は急いでメールを!最後のチャンスかも?⇒ssbgc2015@gmail.com

↓この日遊んだやつでAmazonで買えるやつ
B005KOZI58B018DI8EQCB017IBJGIKB0063C3JP2B0127B2ZKMB014UALZTU

この記事へのコメント

  • kimari

    開催地が地元なので、長期休暇の際帰っていますので機会があれば参加させて頂きたいです。
    2016年05月03日 01:06